運転免許証の色は何色?どうすればゴールド免許に成れるのかな?

運転免許証はゴールド、ブルー、グリーンの3色に区分されており、
有効期間満了日の記載部分で確認することができます。

運転免許証の色はドライバーの運転歴や違反歴で決まるため、
近年人気のリスク細分型自動車保険では、
運転免許証の色に応じて保険料を決定するところが増えています。

ゴールド免許の場合に保険料金が安くなる保険会社も有ります。

ここでは、運転免許証の色とその概要を紹介します。

スポンサーリンク
レンタングル大

免許の色は三色に区分されています。

グリーンの運転免許証

初めて免許を取得した場合に交付される運転免許証の色はすべてグリーン(緑)で統一されています。
いわば初心者ドライバーの証で、運転免許取得から2年以上3年以内に来る誕生日の1ヶ月後まではグリーンのままとなります。

次回更新時には自動的にブルーに変更されますが、
更新期限までに上位免許(他の自動車が運転出来る免許)を取得した場合は3年が経過する前にブルー免許が交付されます。

ブルーの運転免許証

免許取得から3年が経過し、最初の更新を行うと、運転免許証の色がブルー(青)になります。
以降、ゴールド免許に昇格するまでは運転免許証の色は基本的にブルーに統一されますが、その内訳はドライバーの運転歴・違反歴によって一般運転者、違反運転者、初回更新者の3種類に分類されます。

原則としてブルー免許の有効満了期間は3年間ですが、2002年に道路交通法が改正され、現在は過去5年間に軽微な違反1回のみのドライバーはブルー免許でも有効満了期間が5年間に延長されることになっています。

ゴールドの運転免許証

1994年の道路交通法改正にともなって新設された運転免許証で、運転免許証の有効期間満了日の前5年間、無事故・無違反の優良運転者に交付されます。

ここでいう5年間とは、免許の有効期限年の誕生日から41日前の日以前の5年間という意味であるため、正確には5年から41日を引いた日数で判断されます。
ゴールド免許になるかどうかは免許更新年の誕生日40日前に判定され、更新連絡書に「優良」と記載されるようになります。

ゴールド免許になると、有効期間部分がゴールド(金色)になり、有効期間は一律5年間になるほか、リスク細分型の自動車保険で保険料の割引を受けられるなど、数々のメリットがあります。
もちろん、ゴールド免許を所有していても、違反や事故などを起こせば次回更新時にはブルーの免許証に降格されてしまいます。

ゴールド免許になる最短期間は?

ゴールド免許は5年間無事故・無違反であれば自動的に交付されるわけではなく、
条件を満たした後に免許更新または新規取得をした場合のみ交付されます。
そのため、はじめて免許を取得した場合、
最短でゴールド免許を取得できるのは1度目の更新をはさんだ5年後となります。

ただ、上位免許を取得すると更新期限前でもグリーン免許が交付されることから、
たとえば16歳で原付・小型特殊・普通自動二輪免許のいずれかを取得後、
18歳で普通免許等を取得し、
かつ無事故・無違反を通せば21歳でゴールド免許を取得することも可能です。

保険もお得になる場合も有ります。

任意自動車保険では統計的に事故リスクの高い若年層(20台前半)の保険料を割高に設定しているので、早めにゴールド免許を取得しておけば、保険料の負担を軽減できると言えるでしょう。

私も現在ゴールド免許です毎日の運転で事故や違反がないように注意して走行しています。
安全第一を心がけています。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする