合宿教習所か通学教習所か免許取得を検討します。

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s.jpg

運転免許を取るため教習所に行こうと思っているけど、
どの教習所を選んで良いかわからない?

どうせどこも一緒だから価格の安いところ、家から近い所で良いでしょう?
なんて考えてませんか?

周囲の人からアドバイスを貰ったとしても、
大体の方は人生で1度しか行かないので他の教習所と比較が出来ずに、
自分の行った教習所が、
良かったのか
悪かったのか
なんとなくで判断している事がほとんどです。

父も母も地元の教習所で免許を取得したから私もここに決めました。
兄弟みんなこの教習所で免許を取得しました。
友人もこの教習所で免許を取得。
先輩も取得しました。

やはり、強いですね、人気ですね、地元の教習所

それでは、通学制の教習所と合宿の教習所について解説します。

スポンサーリンク
レンタングル大

合宿の教習所と通学制の教習所の比較

通学教習所
通学制は文字通り通学です。

一定期間拘束される合宿と比べ、
その日の教習が終わればいつもと同じ生活スタイルに戻れるため、
生活スタイルを崩さずに、
免許を取得する事ができる自由度の高さが通学制の魅力です。

また「合宿制=短期取得可能、通学制=期間が掛かる」と思われがちですが、
合宿制も通学制も指定自動車教習所であれば、
1日に受けられる技能教習の時限数は同じです。

参考ですが、
普通四輪免許取得の場合
1日に運転出来る(技能教習と言います)時限は、
第一段階で2時限
第二段階で3時限です。

通学制教習所でも合宿の教習所でも受講出来る教習時限は同じですから、通学制の教習所でも短期間での卒業は可能です。

教習所で短期免許取得プランを設定しているところも数多くありますので、
短期間での卒業をお考えであれば、短期プラン等のご利用をご検討ください。

なお、教習所により卒業までの設定日数が異なりますので、
設定日数も良く調べてください。

宿泊の準備や現地までの往復の時間を考えると、
通学制の方が手間が掛からないかもしれません。

合宿教習(合宿免許)

AT車で最短14日間、
MT車で最短16日間の泊り込みで教習を受け卒業を目指します。

最短の卒業条件として、
技能教習にオーバーが無く、
2種類の技能試験と仮免学科試験に1回で合格した場合です。

スムーズに進まなかった場合は1日~3日程度の合宿制特有の延泊が発生します。

通いの通学制とは違い泊まり込みですので、
遠近に左右されない為、
教習所の選択肢が増えます。

しかし、交通事情は地域で異なるため、
免許を取得するだけではなく、
取得後に都内等、交通量の多い地域でも運転に戸惑うことのないよう、
取得後に運転する地域の交通事情も考えて、選ぶ必要はあるかと思います。

教習料金は、旅行のように変動があり、
時期や宿泊施設(寮や旅館)、
部屋タイプ(相部屋やシングル)
によっては通学制より高い場合もありますが、宿泊費込みの料金と考えれば、
比較的リーズナブルな教習所が多いのが合宿制の魅力です。

合宿制も通学制も指定自動車教習所であれば、
道路交通法により技能教習の最短時限数や1日に受けられる技能教習の時限数や卒業生に与えられる実地試験免除など全て同じです。

大学生協さんも通学と合宿を選べるようにしてくれてますね。

まとめ

一般にどちらが良いかは決められません。

教習のカリキュラムはもちろん同じですから、
貴方のライフスタイルに応じて決めると良いでしょう。

合宿教習(合宿免許)の一番のメリットは、短期間の取得が可能だという点です。

入校から卒業までの毎日のスケジュールが決められていますから、
予約の必要もキャンセル待ちの必要もなく集中して教習を受けることができます。

ただ通学教習の場合でも、都合に応じて卒業までの最短スケジュールを組んでもらえる「短期集中コース」などもありますから、やはり自宅から通いたいという方はこちらを選べば良いでしょう。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする