お得な運転免許取得方法をご紹介します。

運転免許取得の節約術とローン

18歳になると普通自動車の運転免許がとれるようになります。

高校生の間に免許を取ってしまう人、
大学や専門に入ってから免許を取る人、
社会人になってお金に余裕ができてから免許を取る人など、
免許を取るタイミングは人によってさまざまです。

しかし運転免許を取りたくても、まとまったお金がないという場合も多いはず。
運転免許を取るには少なくとも20~30万円が必要です。
私が昔(教習所へ通っていた時は・・15万円位?)

そこで今回は免許を取りたいけどお金がない時の対処法や、
免許取得にあたっての節約方法を紹介したいと思います。

(バイトの金額が先ほど私が免許を取った時は500円・・今は?1000円)

スポンサーリンク
レンタングル大

免許取得にかかる平均費用は?

各自動車教習所によって免許取得にあたっての設定価格はちがいますが、
免許取得にかかる費用の平均はおおよそ30万円前後です。

もちろんMT車の免許取得にかかる料金と、
AT車の免許取得にかかる料金は違います。

MT車とはクラッチ操作が必要です。
両手両足をフル活用して運転しなければならないので、操作の手間がかかってしまいます。
ですが車好きな方や運転を楽しみたい!という人は、MT車の免許を取ります。

AT車というのは、オートマチック限定免許のことです。
自動変速車とも言われます。クラッチの操作が自動で行われるので、
操作が楽です。
最近世の中で走っている車のほとんどがAT車です。

AT車に比べ、操作が難しいMT車の免許取得の方が2~3万円ほど料金が高いです。

MT車の免許を持っていれば、もちろんAT車の車も運転することができます。

合宿免許で早く・安く免許取得できる!

「合宿免許」をご存知でしょうか?

免許を取ろうとすると、自宅や学校、職場から自動車教習所に通う
「通学免許(通学教習)」というのが一般的ですが、
「合宿免許(合宿教習)」というのは、その名の通り合宿して免許を取るということです。

合宿免許は免許取得に集中した環境での教習になります。
だからAT車なら最短14日、MT車なら最短16日で免許を取り、卒業できます。

高校卒業後、大学に入学するまでの間や、大学の長期休みの間に合宿免許で免許取得する人も多いんです。

合宿免許は早く免許が取れるだけでなく、費用も激安・格安なのが特徴的。
一般的な教習所では20~30万円の免許取得費用がかかるところ、
合宿免許なら安い所だと20万円以下の所もあります。もちろん宿泊費込です。

免許を取りたいけどお金がないという場合、
こういった合宿免許という選択肢もある!
ということを知っておくと、安く免許を取ることができますね。

web割引・学割・紹介割引をフル活用して免許取得!

教習所によって異なりますがほとんどの教習所で、なんらかの割引制度があると思います。
その制度を有効利用して安い価格で免許を取るのがおすすめです。

WEB(インターネット)から申し込みをすれば割引してもらえるWEB割引、
学生の間に適応される学割、
学生じゃなくても25歳以下だと学割が適応されるという良心的な教習所もあります。

そしてほとんどの教習所にあるのがお友達紹介割引です。
家族や友達の紹介!
と言うだけで5,000円前後も割引されるシステムです。

各教習所でサービス内容が違うので、
候補の教習所のHPやパンフレットを見てみてくださいね。

どうしても!という場合は免許取得ローンもアリ

免許費用がどうしても足りないという場合には、ローンを組むのも良いかもしれません。
教習所で準備されているローンを利用するのも良いかもしれませんが、
ご自身に合ったローンプランを選択することで、必要最低限の費用で免許を取ることができます。
もちろん低金利のローンが良いですよね。

アコムやレイクであれば無利息期間を設けているので、
その期間内に返済できそうであれば、利用するのもアリだと思います!
アコムやレイクは消費者金融ですが「銀行系消費者金融」なので安心してお金を借りることができます。

さらに学生さんであれば、用途不問の学生ローン(学ロン)を有効活用するのもおすすめです。
未成年でも融資してもらえる所もあります。
また、使わなくなったものや要らないものを処分して少しでも・・・

まとめ

社会人になって貯金をたくさんしてから!と思っていても、
いざ社会人になると仕事が忙しくてなかなか教習所に通うことが難しいという人も多いです。

時間がある学生のうち、20代のうち、今のうちに免許取得できたらいいですね!
今は少しの期間バイトなどするとお金がたまりますので、頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする