自動車の維持費って結構かかりますね。

自動車に乗るには当然免許が必要ですね
18歳になれば普通四輪免許が取れますね。

さて、では車は何歳くらいで最初に買うのでしょうか?
実は社会人になってから購入される方が多いです。

理由は?

今の若者の進学率が大学卒業までがかなり多く
学生時代に車を買う方はまだ少ないです。
万が一に備えて保険の加入も必要ですし
結構維持費がかかりますね。

低年齢ほど任意保険は費用が高いです。
親御さんも子供が自動車に乗る事を反対されるケースもよく聞きます。

社会人になり給料がもらえ、初回のボーナスを頭金に自動車を購入しようか?

スポンサーリンク
レンタングル大

夢膨らむ会社員生活

会社に自動車で通勤できる環境の方って結構少ないです。
都会に住んでいれば
車必要ないじゃん
なんて、考えもありますね。

では、いつ買うの、個人差はありますが金銭に余裕が生じる社会人2、3年目で買う方が多いですね。

デートにドライブも大切ですし。
はじめは中古車?はじめから新車?
意見は分かれますね。

私の場合最初は中古車にしました。
二回目に購入したのは新車でした。

中古車、新車どちらがいいのかまた改めてコメントしますね。
私も3~5年毎に現在に至るまで車を7回買い替えています。

中古車を買う場合もあります。新車を買う場合もあります。
一概にどちらがいいとも言えませんが・・・

どちらにしても表示価格より何かと金額がかかりますね。
車を購入する際
すべての金額でいくらになるか算出が大切です。

クルマ選びには、

新車だけでなくU-Car(中古車)という選択肢もあります。
U-Carの魅力は、なんと言っても価格が安いこと。

新車の時には手の届かなかった上級グレードなどを予算内で手に入れて楽しむこともできます。
ただし、U-Carは使用されていた状況やメンテナンスのされかたが一台一台異なるので、
購入する際には信頼できるお店選びが非常に大切です。

例えば価格の安さを重視して選んだとしても、
購入してしばらくたってからトラブルが発生したり、
修理費用がかさんだりしては意味がありません。

U-Car選びは「保証」のしっかりしたお店を選ぶことをおすすめします。

セダン、ミニバン、SUVなど、クルマにはいろいろなタイプがあります。

それぞれの違いや特長を知っておけば、理想のクルマ選びにきっと役立ちます。
どんな使い方をしたいのか、何人くらいで乗りたいのか、
あるいは何を重視するのかを考えながら、
あなたにぴったりのタイプを見つけてください。

また同車名でも、「グレード」が分かれていて、好みに応じて選べるようになっています。
また、ほとんどの車種では、このグレードの他に、2WD、4WDなどの「駆動方式」も選べます。

通常はグレードや駆動方式によって価格も変わってきます。
欲しい装備、使い方に合った排気量や駆動方式をじっくり検討して、
ぜひ自分に合ったグレードを見つけてください。

特別仕様車

本来ならオプションとなるアイテムを標準装備としていたり、
通常では選べない色、高級感を演出するアイテムなどを加えた、「特別仕立て」のモデルのことです。

特定のグレードをベースにして、さまざまなアイテムを加えながら、
価格はそれらのアイテムをオプションで装着するよりも割安に設定されている場合が多いため購入グレードを決める際にはぜひチェックしてみましょう。

ただし、全ての車種に特別仕様車が設定されているわけではなく、
また期間限定モデルも多いので、こまめなチェックをおすすめします。

車にかかる税金

■ 自動車取得税
クルマの購入時のみに払う税金(地方税)です。車両本体とオプショナルパーツとの合計額から一定の金額を控除した価格(車両取得価額)に応じて定められており、その税率は車両取得価額の3%(軽自動車と営業車は2%)です。

■ 自動車重量税
クルマの重量に応じてかかる税金(国税)です。車検の有効期間年数分を前払いしますので、新車を購入した時は、3年分を先に支払うことになります。

■ 自動車税
自動車税は、クルマを所有するとかかる税金(地方税)です。税額はクルマの排気量によって決まっています。自動車税は毎年1回支払いますが、新車購入時には、購入月の翌月から翌年3月分までの月割り額を支払います。ただし、軽自動車の場合は月割り制度がないため、購入年度には税金はかかりません。

■ 消費税
クルマの購入時には、車両本体価格とオプショナルパーツ、登録手数料(法定費用を除く)などに8%の消費税(国税)も必要となります。

えっ、まだ有るの諸費用

■ 車庫証明取得代行費用
クルマを購入するためには、駐車場を確保していることを証明する「自動車保管場所証明書(車庫証明)」が必要となります。この車庫証明を管轄の警察署から取得するための代行費用です。印紙代として収める法定費用もここに含まれます。

■ 登録代行費用
クルマの所有者名義を管轄の陸運局に登録したり、ナンバープレートを取得するための代行費用です。印紙代として収める法定費用もここに含まれています。

■ 納車費用
ご購入いただいたクルマを、お客さまの自宅などのご希望の場所にお届けするための費用です。

■ 自動車損害賠償責任保険(自賠責)保険料
自動車損害賠償保障法によって、すべてのクルマが加入しなければならない保険(自賠責)の保険料です。強制保険とも呼ばれています。

■ 自動車リサイクル料金
自動車リサイクル料金とは、2005年1月に施行された自動車リサイクル法に基づく料金です。2005年1月以降に新車を購入された際は、購入したユーザーが料金を負担します。2005年1月の時点で登録されているクルマについては、その後の車検時にユーザーが料金を負担します。「車種名別リサイクル料金一覧」では、主要車種別のリサイクル料金を公開しています。

あと自賠責保険も当然加入ですし、任意保険の加入も絶対大切です。

車をいざ買おうと思っても悩みますね。
休日にカーディーラー(車屋さん)へ行っていろいろ聞きましょう。
又、車の本もこまめにチェック

きっとあなたにヒットする車が見つかると思います。

自動車を購入する際は維持費も考えた選び方が大切ですね。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする