手に汗握る運転を改善する方法

教習時(運転技能)に緊張感でハンドルを握ると手汗をかきますね。

手汗により・・そのことが気になって運転に集中できません。

何か良い方法があれば?

この様なお悩みをよく聞きます。
初心運転者のうちはどうしても手に力が入り又、運転の緊張感から手汗が多くなります。

打開策としては、
ハンドルを軽く握る事ですが・・難しいですね。

そこで、お勧めしたいのが手袋(運転用)をしてハンドルを持ちましょう。

手汗をかいても気にならなくなり運転に集中できますよ。

手汗を抑制するハンドクリームもありますね(^^)/
アマゾンで色々あるから参考にしてね。

私も運転で集中した時や緊張時に手に汗が・・
いつも車にティッシュやハンカチ、タオルなどを入れています。

ウエットティッシュも良いですね。
安全運転で余裕のある運転が出来れば、手汗も少なくなりますね。

スポンサーリンク
レンタングル大

少し手汗について詳しく調べてみます。

人間には体温が上昇したとき、発汗によって体温を下げる機能が備わっているため、発汗は自然現象です。

風邪をひいて発熱したときは、体温を下げようとして汗をかきますよね?

ですが、手汗の場合は体温調節以外の理由で、発生してしまう場合があると言われています。

そのひとつとして、精神的なものがあげられます。

「手に汗握る」という言葉があるように、緊張していたり興奮していたりすると、多くの人が手に汗をかく傾向にあります。

緊張や不安など精神的なものによって汗が出ることは『精神性発汗』とも呼ばれます。

では、精神性発汗による手汗の具体的な原因について詳しくご紹介します。

緊張で・・・

会社のプレゼンテーションや学生時代の発表会など、人前に立つような緊張する場面で手に汗をかいた経験はありませんか?

極度の緊張を感じると、人は汗をかきやすくなることがあります。
緊張によって手に汗をかくことは、決して異常なことではありません。

精神的に緊張した状態でいると神経の活動が活発になりやすいため、手汗をかきやすくなると言われています。

あがり性の人や、緊張しやすい人は手汗をかきやすい傾向にあるようです。

不安で・・・

緊張と同様に、不安も手汗の原因となる可能性があります。

精神的に不安を抱えた状態のときも神経が活発になりやすいため、手汗をかきやすくなると言われています。

何かに焦りを感じたり、気持ちが急かされた状態でいたりすると不安を感じやすく、手汗をかいてしまう人もいるようです。

また、普段から手汗を気にしている人は、手汗を気にする不安感によって、逆に手汗を助長させてしまっていることが考えられます。

「手汗がひどい…誰かに指摘されたらどうしよう(不安)さらに手汗がひどくなる」といった悪循環に陥ってしまう場合があるのです。

ストレスから・・・

ストレスも手汗の原因になることがあると言われています。

ストレスは人によって感じ方に差があります。ストレスを敏感に感じやすい人は、手汗をかきやすいかもしれません。

ストレスは多かれ少なかれ誰もが抱えているものです。

仕事や学校、対人関係や家庭内での不和など、些細なことの積み重ねがストレスとなってしまいます。

また、引っ越しや転職によって生活環境が変わったときなどにも、手に汗をかきやすくなる方もいるようです。

この場合も環境の変化によって、ストレスを感じていることが原因となっていると言えます。

最近急に手汗をかくようになったという人は、ご自身の生活環境の変化に心当たりがないか振り返ってみましょう。

対策・・・

ストレス対策を行いましょう。
リラックスしましょう。
・・・

でも、なかなかムズカシイですね。

私が心がけている事
良い香りを吸収
元気の出る音楽を聴く
集中力を高める(本を読むなど)

そして、何より大切なのは余り気にしないことです。
誰もが手汗はかきますので、自分一人が・・・と考え込まないことです。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする