いざという時の為に自動車の保険は必ず入りましょう。


やったー
ついに念願のマイカー購入
嬉しい瞬間ですね。
夢も膨らみます、ドライブ(素敵な彼女、カッコイイ彼氏を乗せて)や買い物
行動範囲も広がり、素敵な景色に巡り合えますね。

さて、楽しい自動車の運転ですが・・・
万が一(無い方が良いですが)事故、怪我、故障、盗難
考えただけでもゾッとします。

でも、自動車を運転する事は責任も重要です。
いざという時の為に保険の加入が義務になっています。

スポンサーリンク
レンタングル大

自動車の保険について

自動車の保険には大きく分けて二通り有ります。
・自賠責保険(強制保険とも言います)
言葉通り全ての車(自動車や原付は加入が必要です)
加入し無ければ車検も受けれません。
注意事項として車検のない車(原付など)は保険の継続忘れないようにして下さい。

・任意保険(任意ですが保証内容が大幅に上がります)
対人・対物など自賠責保険で、まかないきれない金額を保険で支払ってくれます。
必ず加入して下さいね。
自転車保険にも適用できることが有りますので保険会社に相談して下さい。

自賠責保険の補償はどこまで?

交通事故の被害者救済のために、法律に基づき義務付けられている自賠責保険。その補償がどのようになっているか、具体的に見てみましょう。

まず自賠責保険により補償されるのは“他人”です。自賠責法上では、自動車の運転者、あるいは保有者以外は“他人”とされ、補償されることになっています。

つまり、自動車の運転者や保有者の父母や子供、配偶者も“他人”とされ、保険金の支払い対象になることがあるということなのです。

自賠責保険には、1事故あたりの限度額はありません。また、保険期間中に何度事故を起こしても、1契約あたりの保険金額が減ることもありません。
とはいえ、1名あたりの支払い限度額は下表のように限定的であり、どのような事故が起こるかわからない以上、自賠責保険だけで対人への充分な準備ができるとはいえないでしょう。

保険金は加害者・被害者いずれからも請求ができます。
保険金が支払われないのは自賠責保険の保険契約者や被保険者が悪意で他人を死傷させたケース。
よって被保険者(加害者)には保険金が支払われませんが、事故の被害者が保険会社に直接、保険金の請求をすることで、補償を受けることができるようになっています。

なお、保険金の請求期限は2年で、それを過ぎると時効となる点には留意が必要です。

任意自動車保険は変わったのか?

自賠責保険の補償を超えるさまざまな損害を被ったとき、それを幅広く補償するのが「任意自動車保険」です。

かつて任意自動車保険は、どの損害保険会社でも価格、補償内容について共通の商品を販売していました。異なるのは事故処理などのサービス部分だけだったわけです。
ところが保険の自由化が進み、各社は独自の自動車保険の開発・販売に取り組むようになり、商品そのものにもかなりの多様化が見られるようになりました。

現在では種々の補償や特約、サービスに工夫を凝らした、さまざまな自動車保険商品が飛び交っています。
また販売ルートも、自動車販売ディーラーやプロの損害保険代理店から購入しているケースは多いものの、最近では通信販売やインターネット販売もかなり認知が進み、価格にも開きが出てきました。

また、それぞれの商品は少しずつ補償やサービスの内容が異なることから、また、商品内容が頻繁に改定されるということもあり、現在の自動車保険は単純な比較が難しいという現実があります。

とはいえ、任意自動車保険の基本構成にはさほど変化はありません。
その柱は“他人のための賠償保険”と“自分のための保険”の2つ。さらに、自分のための補償はケガに対する補償と、車に対する補償に分けることができます。

任意保険の保険適用者の範囲は保険会社によって異なりますので注意が必要です。
適用条件を満たしているか必ず確認して運転しましょう。

日本で自動車の保有台数て何台位だろうか?

日本で車を所有されている人、って何人ぐらいいるのだろうか?

平成28年1月末現在:81,318,048台
八千万台
すごい数の自動車です。人口で割ると・・・?

自動車保有台数(軽自動車含む)
平成28年1月末現在

北海道  3,740,794
東北   7,163,554
関東  22,978,872
中部  11,919,091
近畿  10,743,939
四国   2,996,049
九州   9,586,291
沖縄   1,099,567
合計  81,318,048台数

年間何台つくられているんだろう?

日本の乗用車メーカー 生産台数2015年累計
8,744,103台凄いね
日本中にこれだけ沢山の車があれば・・色んな事が有りますね。
道路を走っていても車屋さんのお店って絶対目にしますよね。

私も休みの日にはよく車屋に行き展示車など見ていますよ。
最近の車は装備が本当にすごいですね。

最後に自分の車は大切にしてくださいね。
きれいに洗車やたまに掃除機もかけて室内も清潔にして下さい。
新車でも中古車でも自分の車には愛着がわきますね。

なんか?自分の車にニックネーム付ける事が流行っていた時代もありましたね。

交通事故も毎日のようにあります。
保険の加入は絶対大事ですね。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする