クルマの自動運転は今後どうなるか

クルマの「自動運転」は今後どうなる?

自動ブレーキや自動運転、自動車の未来はどうなるのだろうか?
テレビCMやカーディーラーの広告に目が留まります。
もっと便利な乗り物に自動車はなるのでしょうか?

自動ブレーキや運転アシスト装置など、自動車の性能はドンドン向上しています。
進路の決まらない乗り物?
そうです、自動車は道路を走行しています(当たり前ですが)レールの上を走行していませんので、ドライバーがハンドル操作でカーブを曲がったり、右左折したり考えながら走行しなければなりません。
実は自動車って難しい乗り物なんですね、でも、免許を取得すれば誰でも乗れる身近な物になっています。

飛行機や電車などはその会社で訓練を受けて免許もとって操縦しますが・・・
えっ、ほとんど自動運転です。
レール有るし、右左折無いし。

スポンサーリンク
レンタングル大

少し専門的に見ていきます。

旅客機にはオートパイロット機能が搭載されてます。
通常は殆どパイロットが操縦かんを握ることなく航空機が運航できます。

エレクトロニクス技術の進歩と部品のコストダウンにより、自動車の世界でも、ADAS(先進運転者支援システム)が、急速に普及してきました。

将来はさらに進歩して自動運転が可能となるそうです。
自動車の新しい付加価値となるため、自動車メーカーが研究にしのぎを削っています。

自動ブレーキや車線維持装置などが普及中でドライバーの負担軽減や事故防止のみならず燃費向上や渋滞解消効果も有ります。
すでに現在の市販車には衝突防止用の自動ブレーキ、車線維持装置、速度維持装置、駐車支援システムなどの装着が進んできています。

これらの装置やシステムはADAS(先進運転者支援システム)と呼ばれます。
ADASは事故防止は勿論、ドライバーの疲労軽減に大きな効果があるだけではなく、燃費が向上したり、高速道路の渋滞解消などの効果も期待できます。

半自動運転が可能になるかもしれませんね。

装置やシステムに加え、車間距離制御、合流支援、右左折支援などの機能も付加される見込みです。
これらの装置やシステムは便利ですが、いずれも最終的な責任は運転者にあるのが特徴です。

これらの機能を複合的に組み合わせたシステムで半自動運転が可能となると思われます。
例えば高速道路で、運転者がハンドルを握らなくとも、走行ができるようになる可能性があります。

また、駐車場エリアでは、運転者が車を離れてスマートフォンなどで、車を自動的に駐車させるシステムの研究も進んでいますね。

今後の展開は完全な自動運転の実現は2025年以降で半自動運転への移行には、法制度の変更が必要になると見られています。半自動運転以降に関しては、最終的な責任が運転者ではなく、自動車やシステム側に代わっていく可能性も場合によってはあります。

自動運転へ移行の最終段階は?

行き先を入力すれば、運転手がいなくても自動的に目的地に到着できる究極のシステムです。
実用化に向けた実験を行っていますが、自動運転にはセンサーやカメラ類が大量に必要となるうえ、地図データやインターネット接続、高性能な車載コンピューターなども不可欠となるため、その普及のハードルは高くなります。
セキュリティーの問題も極めて重要です。
このため自動運転の導入は、早くとも2025年以降となりそうです。

自動運転技術の向上は増々高まっています。
でも?自動車の装置を操るのは運転者自身ですね。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする