新規免許取得を準中型免許か普通免許にするか検討中です。

平成29年3月12日に新しく免許制度が変わりましたね。

今一度
免許の種類を再確認しましょう。

旧免許制度

免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員
10名以下 29名以下 30名以上
普通 中型 大型
大型免許21歳以上免許経歴3年以上 11t以上 6.5t以上 大型
中型免許20歳以上免許経歴2年以上 11t未満 6.5t未満 中型
中型8t限定 8t未満 5t未満 中型8t限定
普通免許18歳以上 5t未満 3t未満 普通

新免許制度(平成29年3月12日)

変更になった箇所は中型8t限定と普通免許の部分です。

中型8t限定 8t未満 5t未満 中型8t限定 8t未満 5t未満
準中型18歳以上 7.5t未満 4.5t未満
普通免許18歳以上 5t未満 3t未満 準中型5t限定 5t未満 3t未満
普通免許18歳以上 3.5未満 2トン未満

新しく新設された免許として準中型免許が有ります。

旧免許所持者(すでに免許を持っている方)の方は現在2区分に成っています。

平成19年6月2日以前の方は普通免許から中型免許8t限定へ移行しています。

平成29年3月12日以前の方は普通免許ですが、今回の改正で準中型5t限定に成ります。

免許更新時(有効期限の切り替えや新規免許種類が増えた場合など)に自然に書き換えられます。

(例)平成29年3月12日以前で平成19年6月2の間で普通免許(AT)を取得されている方は今回の法改正で準中型5t限定AT免許に成ります。

新しく四輪免許取得は選択幅が広がりました。
18歳で普通免許か準中型免許が取得可能です。

総重量 積載量
準中型免許18歳以上 7.5t未満 4.5t未満
普通免許18歳以上 3.5t未満 2t未満

選択幅が広がりました。

但し新設された準中型免許はMT(ミッション)車に限ります。
AT免許は有りません。

スポンサーリンク
レンタングル大

準中型免許の教習時間(教習時限)

普通免許取得はMT、AT共に現行通りです。

教習車種 所持免許 学科 技能
MT普通免許 なし

原付

26時限 34時限
AT普通免許 26時限 31時限

準中型免許を取得するには時限数が増えます。
又、免許取得後(普通免許)に準中型にする場合も教習や検定が有ります。

教習車種 所持免許 学科 技能
準中型免許 無し、原付 27時限 41時限
準中型免許 普通MT 1時限 13時限
準中型免許 普通AT 1時限 17時限
準中型限定解除 準中型5t限定 無し 4時限
準中型限定解除 準中型5t限定AT 無し 8時限

まとめるとこの様に成りますね。

・・・
自動車学校で準中型免許の事を少し聞いてきました。

教習で準中型車両を使用した教習は何時限(1時限は50分)位あるのだろうか?

準中型免許を取得する際に教習時限は学科が27時間技能教習が41時限です。
もちろん免許なしか原付免許所持の場合です。

では、普通免許取得時は
学科が26時限で技能が34時限です。(MT車)

準中型免許を取得する為に学科は1時限多いですね。
技能は7時限多くなります。(41-34=7)

その内訳ですが・・・
準中型車の免許取得でも普通車も運転します(教習します)
普通車と準中型車を使って教習が進行する事に成ります。

気になりますね。
全国どこの教習所でも同じ配分です。
(公安委員会でカリキュラムが決められています)

技能教習は1段階と2段階に区分されています。
1段階を履修(修了)すれば仮免許証を取得する為に検定が有ります。
技能の修了検定と仮免許学科試験です。

この試験を合格すれば路上教習(一般道路を走行)事が出来る免許(仮免許)が交付されます。
実はこの試験で使用する車種は準中型免許の場合当該車種(準中型車)で行われます。

・・・
結論です。
準中型免許取得で準中型車の教習をまとめます。

普通車を使用 準中型車を使用 合計時限
第1段階 13時限 5時限 18時限
第2段階 13時限 10時限 23時限

トータルで41時限の技能教習が有ります。

この配分は何処の教習所や自動車学校でも同じです。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする